リボンハムスターでは2015年より毛皮を利用した商品 (リアルファー(本物の毛皮)が使われている物、動物の剥製等)はお取扱いしていません。

2019年02月14日

インフレと今後の世の中はどうなるのか(一部変更)

こんにちわ
オークション代行(ヤフオク代行)リボンハムスターです。

大学の入学金が2倍に値上げになったら、私たちがどんなに頑張ってお金を貯めても、庶民の生活は苦しい事になります。

値上げすると値上げした企業は一時的に均衡は取れますが、倒れていく企業もあるわけです。

倒れて淘汰されていく企業によって、椅子取りゲームの椅子が空き、好景気のように見えるかもしれませんが、その陰で多くの企業が倒れているのかもしれません。

それに中小企業の倒産やAI技術等により機械が人間の仕事をするようになり、失業者が増え、結局、内乱のように社会が不安定になってしまうのではないでしょうか。

失業率ってなに?

町の様子を見ても、頻繁に店舗の倒産閉店が増えている気がします。

利益を追い、成長する事も資本主義の宿命かもしれませんが、インフレが及ぼす社会的影響は、格差社会としてのボトルネック現象を起こしてしまうのではないでしょうか。

お金があれば困らない事は沢山ありますが、全員が全員成功するわけでもお金に余裕を持てるわけではありません。

そして、親が破産してしまったら子供達は税金とかで補助があるのではないでしょうか。一握りの成功者と多数の非成功者そして、ロボット社会の先に、私たち皆の平和はあるのでしょうか。

リボンハムスターでも若干手数料の値上げを行いましたが、かと言って純利益は増えてはいません。生活が格段と豊かになってはいません。

何故なら、物価の上昇等もあり、出費が増えているのもありますし、落札システム手数料の値上げ等もあります。

昔に比べ、自動販売機のジュースの値段も上がってますし、お菓子や食品の値段が上がったり量が減ったりしています。

物価が上がると、例えば給料手取り10万円の人は、12万円欲しいと思い、より良い給料の仕事を探し、転職してしまいます。

そうなると、中小企業は人手不足になる場合があります。人手を確保できずに倒産する企業もあるそうです。

給料の額だけが職業選びの基準ではありませんが、結局大企業は強いという事の気がします。これは昔から言われていますが。

大企業であれば資本力も業界とのつながりもありますし、何かあっても国がフォローをしてくれる事もあります。

けど大企業に勤められる人ってどれくらいいるのでしょうか。

また大企業であっても、大規模である分、利益の維持やライバル会社とのしのぎ合いで大変だったりもあるので、一概には言えないのかもしれませんが、大企業であれお金を稼ぐ事を目的とする以上、ビジネスは戦国時代のようです。

生きる為にお金は必要であり、それを得る為に、お金に翻弄され、お金に悩み、お金に支配されているのかもしれませんが、

お金を得るのは中々大変です。

苦労して得ても、物価上昇や税金上昇の影響で、出費が多い世の中です。

世の中の仕組み資本主義の仕組みは、一部の人が莫大な富などを得て、その他はその富を支える為に働くという社会だとすると、あまりにもネズミ講のような感じもします。

まぁそれでも、石器時代とか本当の戦国時代とかに比べたら豊かで便利で良い時代な事は間違い無いと思います。

例えば、今月給20万円を稼いでいて、税金とかの出費で月3万円ちょっと貯金できたとします。

年間40万円貯金できたとして、10年で400万 30年で1200万貯金できたとします。

でもインフレが進むと、物価上昇に伴い、1200万円の価値が下がってしまいます。物価が2倍になってしまったら貯金が1/2になってしまうようなものです。

お金って本当に生活とかに直結しているので、どうやって調整しているのでしょうか。日銀とかが調整しているのでしょうか。

久しぶりにお金や将来の事が心配になってきました。

リボンハムスターも10年近くサービスを行ってきましたが、いつまでサービスを行えるかわかりません。

お金を稼ぐなら、どこかに就職した方が断然に稼げるからです。

なんでもメリットデメリットがありますから一概には言えませんが、生物が絶滅したり淘汰されていくように資本主義社会も、なかなか大変だなぁと思います。

慈善事業とかであれば利益度外視でできますが、慈善事業でない以上、今後の見極めもしていかないとなのかもしれません。

どの方向に行っても道は山あり谷ありで人生は大変なものかもしれません。

お金だけあっても、無理しすぎて健康が損なわれたら、それは望ましく無いですし、とりあえず、悩みすぎると欝っぽくなってしまうので、

他の事を考えて気持ちを切り替えたいと思います。

youtuberの人も一部の人は成功していますが、大多数は再生数もそれほど伸びずとかですが、世の中いろいろ大変だなぁと思いました。

宝くじを買っても殆どの人はハズレますし、なんだか成功するのは大変かもしれません。

ある動画で見たのですが、成功は 時流×才能×努力×運とか(うろ覚えですが)

どれかが1000なら、成功しますし、どれかが0なら成功しないのだという事ですね。

最近番組で、自動車黎明期のフォードや、ジェネラルモーターズや、シボレーとかのお話を見たのですが、

そのBIG3も今や日本の、トヨタやホンダなども交え市場競争しているという状況ですが、

いろいろ考えさせられました。

日本だけじゃなく世界が相手ですから、世の中は広いなぁと思います。

とりあえず、前向きに頑張っていかないとですね。

あとは自給自足とかでしょうか。なんでも大変そうです。

競争があるから新しい製品や発明とかが生まれているのは事実ですが、

やっぱり好きな事に集中していられるのは幸せかもしれません。かと言っても生きる為には好きな事ばかりしていられないというジレンマがある以上、いろいろ難しいです。

利益を出すという事はサービスを行うという事です。

米を作る事、運ぶこと、売ること、そして米を食べる事。どれも欠かせません。

どれかがインフレしても最終的には食料が充分に回ってこなくなります。

インフレってどんな現象?

デフレってどんな現象?

全てが関連しているのです。

そしてその分野が、1強になりすぎても良く無いのです。

独占禁止法という法律もあります。

自由競争と独占禁止法

全ての携わる人が、充分だと思えるバランスが大切だと思います。

昔の時代の圧政のように年貢がきつすぎても作る人は報われません。

同じ自動販売機のジュースでも、わけありだと深読みしなければ、10円でも安い方から買ってしまう時代ですから、
なるべく安い方がお財布には良いとは思いますが、お金の事ばかり考えているのは人間くらいかもしれません。

需要曲線・供給曲線

動物は生きる為に狩りをしたり草を食べたりして、狩りや草の場所の事を考えているのかもしれませんが、

人間はお金の事を考えてしまうのでしょうか。

自営業を始めてからお金について考える事が増えたかもしれません。

自営業じゃなかった時も、お金の運用や貯金や節約について考えてはいましたが、自営業の場合はそれ以上に考える事が増えた気がします。

世の中には自営業の方も結構いらっしゃると思いますが、商才のある人は良いなぁと思います。

今年リボンハムスターは起業して10年目の年になりますが、2年目以降黒字ではありましたが、自分の給料分を考えると、必ずしも黒字とは言い切れない額しか稼いでこれませんでした。

いろいろふまえ今後の課題としていろいろ考えたいと思います。

どんな時も希望を忘れずに、ある程度のなんとかなるさの楽天さも大切かもしれません

マンガでわかる経済入門







posted by ハムたん | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

ロストワールドとサマルカンド年代記を聴いて

こんにちわ
オークション代行(ヤフオク代行)リボンハムスターです。

最近youtubeの朗読がマイブームかもしれません。

最近聞いて面白かったのは

コナン・ドイル原作のロストワールドと



アミン・マアルーフ原作のサマルカンド年代記

https://www.youtube.com/watch?v=EqA8m8lGqj0&t=10754s

です

どちらも面白かったです


posted by ハムたん | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする