リボンハムスターでは2015年より毛皮を利用した商品 (リアルファー(本物の毛皮)が使われている物、動物の剥製等)はお取扱いしていません。

2019年07月19日

祈りについて

こんにちわ
オークション代行(ヤフオク代行)リボンハムスターです。

令和になっても連日悪いニュースが頻繁にあり、社会の状況に辟易としています。

京都アニメーション放火事件というとてつもなく、規模の大きな虐殺事件がありました。

事件の動機とか、詳細はわかりませんが、あまりにも多くの事件、命を奪う事に対する暴挙に憤りが消えません。

こういう社会や事件が起きる理由はなんなのでしょう。

例えば、犯罪史に名を残したいという、歪んだ承認欲求もあるかもしれません。

凶悪犯罪を無くす事はどうしたらできるのでしょうか。

例えば、自分の死が怖く無い人で、失う物が無い人で、歪んだ欲求があるとこのような事をしてしまうのではないでしょうか。

死を恐れない人だと、どんなに刑罰を重くしても、自死してしまえば、抑制できないと思います。

自殺者数が多い状況で、死ぬ前に他人を巻き込んでと考える人もいるかもしれません。

今回は可燃物(ガソリン?)を使用しての犯行だったようですが、手軽に手に入るものでこのような暴挙が行えるのは対策が難しいと思います。

悪い事をすると、地獄に落ちるという思想が薄れている為ではないでしょうか。

死んだ後、悪い事をしたら、地獄に落とされるという教えを、小さい頃から教わっていれば、悪い事などするでしょうか。

信仰心的な欠如も、最近の事件の原因ではないでしょうか。

無宗教の人が多い日本で、宗教を信仰しましょうと言っているわけでは無いのです。現実社会以外の概念が必要なのではと思っているのです。

連続動物虐待犯も、何故そのような事をするのでしょう。死後地獄に落ち苦しむビジョンが見えれば、そのような悪い事をやめようと思うはずです。

罪を償ったり、罪滅ぼしをしたりしようと思うはずです。

犯罪が増えているのは、心の乱れではないでしょうか。神や仏、地獄とかそういったものへの畏怖とかの欠如もあるのでしょうか。

普通の人なら、刑務所での刑罰だけでも充分、抑制になると思いますが、死を覚悟した人には何が堪えるのでしょうか。

戦争では、命を奪う事が繰り返されてきました。

それは絶対的な命令だったり、生きる為に仕方ない事だったかもしれません。

しかし、最近の犯罪は、それとは違うのではないでしょうか。誰かに絶対的な命令されたわけでもなく、生きる為でも無いでしょう。

あまりにも短絡的というか、後先考えないというか、感情優先というか。

今回の京都アニメーションの犠牲者の方は、あまりにも無念だったと思います。

この事件だけでなく、犠牲者の方は、ほとんどの方が無念だったと思いますが、1人の犯人の凶行に巻き込まれて、いきなり命を奪われて、とんでもない犯行です。

どうしたら、犯罪や事件が減るでしょうか。

考えたアイディアの一つとしては、

・義務教育中に、刑務所見学とか、事件への後悔とか、遺族の声について、知る授業を行う。

(刑務所に入りたくないと思わせるような環境や体験談を前もって知っておく)
(修学旅行で、広島に行き、原爆とか戦争反対を身につけるように、刑務所見学も犯罪への抑止力の浸透になると思います。)
(プログラミング授業とか、数学とか、理科とか、既存の勉強だけでなく、心を育てる事も、未成年者の自殺者数減少や、やがての犯罪数減少になると思います。)

スポーツでも、勉強でも現状の、競い合う事重視の社会で本当に良いのでしょうか。

・暴力的な内容の作品についての閲覧年齢制限を上げる。

(とくにネットでは気軽に入手できる状況の為、若年から、反社会的な作品の影響を受けると、その人だけならず、社会的にも、それらが身近になり、それが犯罪に現われている気がします。)

・SNSやライン等の利用年齢制限を上げる

(SNSはイジメや犯罪の温床とかにもなっていますし、情報が広まるのも早いと思います。そういった事で、イジメにもつながりますし、ブロックとか、悪口とかで心を傷つけ合ったりする社会が、心の孤立や、世の中を憎んだり、冷たくさせているかもしれません。)

とりあえず、他にもいろいろと思いつくとは思いますが、あまり締め付けすぎても、民衆の力が弱まる気もするのが難しい所です。

どんなにアイディアを出しても、その結果がどうなるか誰も知らない事なので、知ったような事は言えませんが、私の中では、それらが一つの解決策だと思います。

問題は、犯罪だけでなく、戦争とかもありますので、あまり偏りすぎて、昔のような恐怖政治みたいになっても嫌ですし。

長くなりましたが、京都アニメーションの被害者の方だけでなく、全ての善良な被害者の方のご冥福をお祈りいたします。

(と、祈るといっても、私の祈りにそんなに特別な力があるわけでないでしょうし、飾ったような言葉や、社会通念上の形式的でもあり、偽善のような言葉ですし、顔も名前も詳細さえも知らない中で、言葉だけで祈りますなんて言うのもおこがましいですし、表面的なようですし、祈り方もわかりませんが、遺族や社会に向けての印象とか慰みとかの為にも、言葉だけでもお祈りいたします。また犯罪数が減少や皆無になりますよう、願いたいと思います。祈りは難しいですが、願いは持ちやすいです。また亡くなった人は、京都アニメーションの事件だけでないのに、京都アニメーションの人だけご冥福というのも、不公平かもしれませんが、世間を騒がせた出来事として、また他のニュースや出来事を把握していないので、把握している範囲や、心に影響を受けた出来事として、私が、被害者のご冥福とかを祈ったり、願ったりしたところでどうなるわけでもないかもしれませんが、このブログを偶然見かけた方(存命中の方)が、見かけた際に、手向けの言葉になるかもしれませんので、記載したいと思います。祈りも、人によっては、その場だけ、言葉だけ、1時間、1日、24時間、一生、いろいろな祈りや思いの違いはありますが、偽善的だからと、使わないのだと、あまりにも、無機質な印象もあります。
例え、偽善的であっても、手向けの言葉は必要かもしれません。被害者の方がブログに目を通すわけでは無いと思うので、不思議な行為ですが、要するに、誠意や手向け、弔いの気持ちの表れでもあるのでしょうね。

私は、長い間、この祈りとかについて、いまいちわからなくなっていた時期がありました。

しかし今日、ブログを書いているうちに、そういう事かもしれないなと、祈りや、ご冥福をお祈りとかそういった言葉について、自分では納得できた気がします。

例えば、花を手向けるように。
花を手向けたからってどうなるわけでもないかもしれませんが、それが人間らしさなのかもしれません。

それと同じで、顔も名前も知らない人に、祈るという事は、ある意味偽善的に見えたり、パフォーマンスにも見えたりするかもしれませんが、
しかしそれでも、心からなら、それは人間らしさなのかもしれません。

最近、テレビで、アフリカのある村を救った、日本人の青年の話を見ました。

それまではまったく知らない人や存在、出来事でしたが、とても感動しました。

名前は、『タケベ』さんと言うそうです。詳しくは、武部寛則さん。

そのストーリーを見て、感情移入して、感情を打ったわけです。タケベさんは、かなり昔に不慮の事故で亡くなりましたが、私はその番組を見て、かなり前の事なので、別にタケベさんのご冥福とかを祈りはしませんでしたが、アチュア村の人は、今でもタケベさんを弔ったり、タケベ祭りをしているそうです。

それは気持ちの違いなんでしょうね。村人にとっては、タケベさんの存在が今でも大きいのでしょう。テレビを見て感動はしましたし、立派な人だと思いましたが、別に私はタケベさんに祈る事はしませんでした。

それはテレビ番組であり、過去の出来事であり、時間が経過しているからも大きいのかもしれません。

時は心の傷を癒すと言いますし。

私が今回の記事で言いたいのは、犯罪を無くさなければという思い。そして、祈りは、願い、そして思い、まだよくわからない点、そして、

形式的な言葉でも、それは手向けの言葉になり、人の心を感じると共に、偽善的でもあるけど、たとえ、その行為で、偽善者と呼ばれたとしても、花を手向けるような思いは、人間の美しさやと、偽善や弱さも内包しているかもしれないという、自分でも良くわからない状況です。

それだけ人間は弱いのだと思います。

できない事ばかり、祈る事しかできなくても祈りたいから祈るのではないでしょうか。

問題と向き合って祈ってばかりいてもノイローゼになりそうですから、程ほどにとは思いますが、どうせ祈るなら、その祈りが誰かに届いたり、社会を良くしていけるように、とも思います。

なんの為に祈るのでしょうか。悲しむ人が減るように祈るのでしょうか、とりあえず祈るのでしょうか。

私のブログも、このブログを書いたからと、世の中が良くなる可能性なんて殆ど無いでしょうが、それでも、0.0001%の可能性でも、ある意味、祈りのような気持ちで、願いのような気持ちで、書いているのかもしれません。

まとまりの無い文章になりましたし、わざわざブログに書くのも意味があるのか無いのかわかりませんが、とりあえず、気持ちの整理がついていないですが、思った事を書きました。


















posted by ハムたん | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

2019年 令和元年 参議院議員選挙 政見放送を見て思う事

こんにちわ
オークション代行(ヤフオク代行)リボンハムスターです。

新潟県選挙区の政見放送をテレビでやっていたので見ていました。
(普段あまり政権放送とか見ないのですが)

1番目 自民党 塚田一郎氏

よくある政見放送ではなく、ドキュメンタリーみたいな編集された政見放送でした。
見やすくわかりやすく印象に残りやすい政見放送ですが、ドキュメンタリー型の政見放送はちょっとフェアじゃない感じがしました。
いつから政見放送は、こういったドキュメンタリー風で良くなったのでしょうか。
資金力の有り無しで、政見放送の質に差が出るのは、フェアじゃないと思いました。全ての立候補者に同じ様にドキュメンタリー型政見放送の資金を与えなければ、貧乏政党と、金持ち政党の差を感じてしまうからです。これは政見放送の自由や選挙への関心の前に、政見放送の格差だと思います。格差社会を象徴しているようで、少し残念な感情も覚えました。ただ、自民党をとにかく応援している側にしたらとても素晴らしい政見放送だったのではないでしょうか。

拉致問題について一番語っていましたが、確かに新潟県は拉致被害者の関係者の方も多く、拉致問題に関心が高い県かもしれません。私自身も、以前、新潟市で行われていた、横田めぐみさんのイベントに参加したり、昔の写真を見た事とかあって、感慨深い思いをしました。

確かに、拉致問題は一つの大きな事だとは思いますし、拉致問題を解決するにあたって、自民党に大きな力があるのは政見放送で感じました。

ただ拉致問題を重点的に語っていましたが、逆に、問題は拉致問題だけではないと感じました。国内外の問題を拉致問題だけで隠れ蓑にしてはいけないと感じました。


2番目 無所属 打越さく良氏

こちらも最初ドキュメンタリー型だったので、おどろきました。自民党だけでなく、無所属で当選回数0回の方も、こんなにしっかりとした政見放送を用意しているなんておどろきました。こういった政見放送はとてもわかりやすく伝わりやすいとは思いますが、前述したとおり、格差があると思います。これは候補者や政党が悪いとかではなく、アンフェアなシステムを認可した側に落ち度があるのではと思うのです、何故なら、志はあるけど、資金があまり無い立候補者の方は、そのような凝った政見放送を作るのがやや難しい面もあるからです。仮に、かつてのようなシンプルな政見放送であっても、それが逆に好感に繋がりもするとは思うので、一概には言えませんが、やっぱり格差を感じてします。

政策では、弱い者に寄り添う感じの主張をされていたようです。


3番目 NHKから国民を守る党 小島糾史氏

こちらはよくあるシンプルな政見放送の舞台でしたが、まず登場1秒で、目を疑いました。
男性の立候補者の政見放送といえば、スーツという固定観念を持っていた私は、スーツから、襟を出して、アクセサリーや、金色のネックレスをじゃらじゃら付けた、ホストとかで居そうな格好でした。座り方は何故かやや斜め向き

まっすぐ座れないの??と気になりました。

内容は、うろ覚えですが、NHKについての批判や、の後に、女性の方はお電話下さい、女性の方はお電話下さいと、女性専用車両かのように女性、女性と、女性に対してだけのメッセージ。あまりのへんてこの政見放送に、N国党を陥れる為の刺客候補ではと錯覚を覚えながらも、最後まで我慢して聞いていると、最後に候補者がカメラ目線?で投げキッスをするではありませんか。( ̄ロ ̄|||)なんじゃこりゃ〜

内容も内容ですので、N国党にとってプラスになるとは思えない政見放送で、これではNHK被害者の方やN国党を頼りにしている方が浮かばれないのではと思うような、政見放送と感じました。

一部の人受けを狙って奇をてらった、ファッションや政見放送作りだったのかわかりませんが、3番目という事もあり、これでは、せっかくの主張の機会も、あきれてチャンネルを変えたり、逆に偏見につながるんじゃないかと少し思いました。

一番気になったのは、女性だけを助けます的な主張です。N国党は、女性だけを助けているわけでは無いはずです、それをさも女性だけを助ける、下心でもあるかのような党という錯覚を与えてしまいかねない政見放送には、驚きました。

党側は、立候補者の政見放送の事前チェックや取り決めはしないのでしょうか。

足並みが揃っていない感も感じて少し残念でした。

言葉とは「何を言うか」ではなく、「誰が言うか」ということが言われているように、いくらNHKの否の部分を沢山指摘しても、指摘する人間に説得力があるかどうかも肝心ではないでしょうか。

NHK問題が世間で取りざたされていますが、確かに、増税増税の時代、NHKの視聴料ですら、望むと望まざると、一方的に払えというスタイル、これらについて、国民の一部の声を代弁する政党だと感じていたので、少し応援の気持ちはありましたが、ここまで足並みが揃っていない政見放送ですと、一体誰に投票するのが正しいのか、不安になってきます。


そのうちyoutubeにアップされると思いますので気になる方はyoutubeでご確認下さいませ。


他にも政見放送で調べていたら、出落ちで吹いてしまいそうな方がいました。




政権放送って何でもありなんでしょうか。知りませんでした。

イチゴの被り物にサングラス、なかなかシュールでした。逆に普段の候補者の方の事を全然知らないので、みなさん普段は真面目なのかもしれませんが。

受け取り方によっては、N国党=不真面目 N国党=ダメみたいな印象操作に繋がる可能性もあるので、N国党はやっている事は素晴らしいと思うのに、ちょっと戦略ミスでしょうかね。何か深い狙いがあるのかもしれませんが。

今回の政見放送を見た中で、なんか熱いなと迫ってくるものがあったN国党の政見放送もありました。

個人的には、令和の百姓一揆のN国党に、現状の社会に良い化学反応を起こして欲しいと思いました。

でも、既存政党にも既存政党の強みとかもあると思うので、政治は一概に言えずとても難しいと感じます。

ですが、やはりなんだかんだで苦しんでいる一般の国民目線に一番近いであろうN国党が個人的には一番、気になっています。

他にも、山本太郎さんのれいわ新撰組とかも、気になりますが、実際問題、NHK被害者を守っている実績のあるN国党は、先駆けです。

令和の百姓一揆 新時代の大塩平八郎の乱のような、世直しの思い、国民の声を、少しはエリート達にもわかってもらえて、国民に近い角度で政治に声を上げていける貴重な政党として、私はN国党を応援したい気持ちがあります。

スクランブル化については、格差によってNHKが見れないというのでは、国営放送?としてどうなんだろうと思う気持ちもあるので、例えば、ニュースについてはスクランブルをかけないけど、ドラマやバラエティはスクランブルをかけるとかで、対応するのが現状、良いのかなと感じます。

世の中の全ての人が、貯金があるわけではありません、借金がある中、さらにNHKのお金を払い、解約も応じないという、一方的すぎるやり方には納得がいきません。

NHKの番組はとても好きです。昔からNHKの番組が好きでした。天才テレビ君も見てましたし、ポコにゃんも見てました。

あまりの利益主義のNHKのやり方は、あまりにも日本的では無いと感じます。

NHKをぶっ壊すとまでは思いませんが、NHKの悪い所をぶっ壊すくらいに、改善するきっかけになっていったら優しい社会の一歩になるのではないかと思います。

最近の世の中は、連日事件報道が多く、人の心が荒んでしまっているかのように感じます。

そういった世の中になってしまったのは何故か。

インターネットの時代で報道が加速しているのもあるかもしれません。

私たちが、人を傷つける事をなんとも思わなくなった頃に戦争が始まるかもしれません。

平和な世の中、将来の日本、世界の為に、一体誰に投票するべきか、どう世の中を良くしていけるのか、私たち1人1人にとっても課題かもしれません。

正直言って、政治も政治の裏側も世の中の仕組みも裏事情もまったくわかりません。

それでも今回の選挙から、今までよりも、少し政治にも関心を持てる気がしました。




posted by ハムたん | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

SNSのブロックについて

こんにちわ
オークション代行(ヤフオク代行)リボンハムスターです。

SNSでブロックされた事ある人はいますか?

SNSでブロックされた事あるのですが、そんな人と仲良くできませんよね。

確かに、こっちが一方的に沢山メッセージを送ったり、夜間だったりとかあるとは思いますが、ブロックする事しかないのでしょうか。

一方的に音信不通状態にされて、それでリアルでも仲良くできるなんて思わない方がいいです。

返信が無ければ、不安になったりで一方的に送る事だってあるでしょう。

相手からの一言がカチンときて、言い返したりしてもめてしまう事だってあるでしょう。

で、結局、ブロック。安易にブロック、まるで虫を殺すのになんの抵抗も無いかのように、非情なブロックをするような人間とは仲良くなれません。

SNSとはいえ、その向こうには人間が居るのです。

変なメッセージだと思っても、何らかの配慮して返すのが大人なんじゃないですか?

それを、言葉では、家族だとか仲良くだとか言っておいても、ブロックするってどういう事なんでしょうか。

SNSで相手のパーソナルスペースに踏み込んでしまう事もあるかもしれません。

しかし、なんでも安易にブロックするSNSの要素は、社会毒ではないでしょうか。

それは人間であれば、いろいろ事情はあるでしょう。気が乗らない日もあれば、疲れている日もあるとは思います。

セールスの電話で、はっきりと断る人も居れば、電話に出ない人もいます。SNSのコミュニケーションもそういう面はありますが、せめて1度、SNSで交流したのなら、ブロックする行為というのは、まるでペットを1度飼っておきながら、飼いきれないからと捨てたり、保健所に連れて行くのと、同義ではないでしょうか。

ちょっと、噛んだだけで、犬を捨てますか? ちょっと鳴き声がうるさいだけで、犬を保健所に連れて行きますか?

それと同じで、人間関係を安易に、終わりにするようなブロックを行えますか?

ブロックされた事はありますか? その人にもその人の選択の自由はあります、その人にもその人の事情はあります、それはわかります。

でも、安易にペットを捨てるような、人間関係を切る、ブロックという選択、その安易な指先だけの行為で、一体どれだけの人が、傷ついたり、した事でしょう。

親が離婚したら、子供だって心に大きな傷ができたりするように、人間関係だって、ブロックという行為が、どんなに自分勝手なものか考えてみたらどうでしょうか。

人間関係の取捨択一や、距離感とか、選択とか、誰が悪いとかは無いですが、仲悪くしない為に、とらなければならない事の一つが、ブロックをしないではないのでしょうか。

ブロックされる側にも原因があるのでしょう。必要ない、興味ない、マウントを取ってくるとか、いろいろな人間の複雑な心境があるはずです、ブロックしてきた人は、この際そういった縁だったのでしょう。

私もSNSでブロックをした事はありますが、顔も知らない、愉快犯のような人だったからブロックしました。

ですが、顔を知ってたり、同じご飯を食べたりした人から、ブロックされるというのは、どうなんでしょう。

雨だって小雨なら傘をささなくても多少は濡れてもいいかなと耐えられていても、大雨なら、傘を差したり、雨宿りできる場所に隠れたりしますよね。

それが一種のブロック現象にも似ている気がします。

大雨でも気にしないよ、どんどん雨よ降れ、私が受け止めてあげるなんて人は、滅多にいないでしょう。

そのような感じで、許容以上にSNSで、パーソナルスペースに関与されるのが嫌という気持ちから、退避によるブロックが起きてしまうのかもしれません。

自分でも、それは考えられます。

でも、SNSって、メッセージを伝えるツールな以上、相手が望む事ばかりをメッセージするわけじゃないので難しいですよね。

SNSなんて昔は無かった、安易にSNSを利用し、安易な友達になって、安易な理由で切り捨てていく社会の冷たさ、人間の限界、社会の閉塞感、無情感、SNSはそれを気付かせてくれました。

SNSをしていなければ、わからない事もあったでしょう。友達は友達のままで居れたかもしれませんし、友達にブロックをさせてしまった自分のマナー不足もあったでしょう。

心の狭さや広さもあるでしょうが、ブロックする人は心が狭いか、いろいろと余裕が無いような気がします。

それか、それ以上もめたく無いとか、マイナスの状態をこれ以上悪化しない為の、損切りみたいな感じでのブロックもあるかもしれません。

しかし、コミュニケーションはキャッチボールなのに、一方的に、相手を馬鹿にしたり罵倒したり、コケ下ろしたり、相手を無視しつづけたりする人と、どう仲良くなれば良いのでしょうか。

去る者は追わずで、そういった人は追わないにした方がいいって事かもしれませんね。

みんな事情があるからでしょう。

世界で2人だけしかいなかったら、大切な話し相手存在なのに、その人にはもっと大切な人がいるって事なのでしょう。

世界の人口は多いですが、大切な人を大切にするあまり、体は一つしかないので、どうしてもいっぱいいっぱいになってしまう事だって普通にあるはずです。

ですが、ブロックするだけでは、あまりにも突然、あまりにも不意打ち、せめて一言、なんらかの理由くらい述べてからブロックするのが優しさじゃないでしょうか。

スマホ社会、SNS社会の、社会毒だと感じます。

他人ならまだともかく、友達だった人や、家族に近いだと思ってた人からブロックされた事は、いつかその人達に、私と、同じ気持ちを味わって欲しいと思います。

ブロックというものが、心にどれだけ大きな衝撃を与えるか、わからないのでしょうか。

面接で落とされたような、試用期間中でクビになったような、戦力外通告されたような、リストラされたような、仲間はずれにされたような、そんな思いをかかえて、どんな顔をしたら良いのでしょうか。

人間は行いで相手を信じるものです。どんなに尊い事を言っても、尊い行いがなければ、信じられません。

どんなに綺麗事を言っても、どんなに大切だと言っても、行いが伴っていないのなら、それはまったくの詭弁でデタラメでしょう。

所詮、世の中に聖人君主みたいな人は殆どいないでしょう。みんながみんなそれぞれの事で一生懸命ですから、仕方ありません。

排除され傷付けられた思いを胸にかかえながら、相手がいつの日か、反省する日が来る事を願いたいと思います。

自分が相手にした事は、気付かない事が多いです。それは、別々の人間だから仕方ありません。

知らず知らずに失礼な事だったり、面白くない事だったりを相手にしてしまったりなんて普通にあるでしょう。

そして相手がその事を根に持ってたりもあるでしょう。人間の心は複雑なので。

どっちが悪いか悪くないかではないと考えると、ブロックする側も自由なのだから、別に悪くは無いのです。

ただ、何かを断るのと、ブロックするのでは大きな差があります。何かを断るのは、選択の一つを断っただけですが、ブロックするのは、相手の存在を断っているからです。

世の中で、SNSでブロックが当たり前のように行われていますが、ブロックというものの受け取り方について、カウンセリングが必要かもしれませんね。

ブロックをする側も、心に申し訳なさもあるかもしれません。何らかの事情もある事でしょう。

それが無くて、まったく平気だというのなら、どこか麻痺しているのかもしれませんね。

ここではネット上のブロックについてのリンクを紹介したいと思います。

私自身ももう少しブロックについて考えてみたいと思います。

神様は乗り越えられない試練を与えないと聞きますから、なんとかいつか乗り越えていけるようにと思います。

しかしながら、人間関係が上手下手とかあるでしょうけど、ブロックというシステムは、とても悲しいシステムだと感じます。

https://girlschannel.net/topics/keyword/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF/

























posted by ハムたん | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする