リボンハムスターでは2015年より毛皮を利用した商品 (リアルファー(本物の毛皮)が使われている物、動物の剥製等)はお取扱いしていません。

2018年07月31日

iphoneが充電できなくなった時の充電のやり方のお話

こんにちわ
オークション代行(ヤフオク代行)リボンハムスターです。

使用していたiphoneが充電できなくなってきました。

ヤフオクで購入した時から、たまに充電できない時があります。との事だったのですが最近は充電ケーブルを差しても充電マークが付かないし、

この暑さの影響なのか、バッテリーも膨れてきて、iphoneが少し膨らんできて、iphoneの中のバックライトの光が側面から洩れて見える事に気づきました。

最初は、なんで側面が光っているのだろうと不思議に思ってたのですが、検索すると、バッテリーが膨らんだ事が原因でした。

あと、バッテリーの膨らみに伴って、ホームボタンが反応しづらくなる点も、合わせて出てきました。

とりあえず、充電されないので、ネットで調べると、爪楊枝で接続端子を掃除すると良いという事で掃除したら、少したまっていた埃が取れました。

でも充電ケーブルを差しても反応しないので、充電ケーブルを押して、角度を強制的につけてやっと充電されるようになりました。

充電が一苦労ですが、一応何日かぶりに、充電できて、起動できて良かったです。

現在iphoneはwi-fi接続専門で、主にメールチェックや、ゲームアプリをする為に使っているのですが、結構調べてみると、バッテリーを長持ちさせる方法とかもわかりました。

充電しながら操作するのがかなり良くないみたいです。

充電回数を少なくする事も、バッテリーの長持ちにつながるので、消費電力の高いアプリ等を頻繁に使用すると、充電も頻繁になって、バッテリーの消費も早くなるという事がわかりました。

今使っている、携帯電話はガラケーなのですがバッテリー交換を1回か2回くらいしていますが、もう8年くらい使ってますが、壊れないで使えています。

アンドロイドも故障、iphoneも故障と、結構故障で買い替えがありますが、ネットで見ても結構、充電ができなくなったとか、リンゴループとか、故障が多いなぁという印象です。

充電の際に、差込角度に一定の力をかけ続ける事でなんとか充電できるようになるので、輪ゴムを使って固定して充電みました。

iphoneが充電できない際に輪ゴムで充電ケーブル差込角度固定少しおすすめです。


オークション代行 リボンハムスター
ご依頼お待ちしております(^▽^)ノ☆
posted by ハムたん | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする