リボンハムスターでは2015年より毛皮を利用した商品 (リアルファー(本物の毛皮)が使われている物、動物の剥製等)はお取扱いしていません。

2019年01月24日

朗読 伊吹有喜「ミッドナイト・バス」を聴いて

こんにちわ
オークション代行(ヤフオク代行)リボンハムスターです。

最近、youtubeで朗読を聞いていました。

本も読んでみたいのですが、いまいち活字慣れしていないのですが、朗読だと、声優さんの感情も入るので理解しやすい気がします。

今回紹介するのは、朗読 伊吹有喜「ミッドナイト・バス」 です。

最初の感想としては、なにか聞いた事のある声だなと思ったのですが、どうやら西田敏行さんのようです。

女優さんの方は誰なんでしょうか。ちょっとわかりませんでしたが、調べたら竹下景子さんだったようです。

https://www.nhk.or.jp/audio/html_me/me2017004.html

ラジオドラマで1人何役もしていて、声色の変化が面白いなと思いました。

内容は、新潟県が出てくるお話になっています。

そして家族ドラマ、ヒューマンドラマで、フィクションだと思いますが、ある家族の物語を疑似体験できたような感じになりました。

親の大変さとか、責任とか、子供の成長とか、時の流れ等を感じ、わくわくするような内容ではありませんが、長い道徳の本を読んでいたようなそんなお話だった気がします。

以前は誰もが子供だったとしても、子供ができると親になりと、時間の経過、人としての成長とともに登場人物1人1人にいろいろな心模様があると思いました。

通して2回聞きましたが、2回目だと登場人物の心模様もわかりやすかった気がします。

生活する事、生きる事、子供を育てる事、いろいろ大変だなぁと感じました。

こうやって聞くと、親の人生とは、子供の為の人生なのか、自分で選んだ人生なのか、親には親でしかわからない苦労や悩み、子供には子供にしかわからない苦労や悩みもあるにしても、この世に生まれて来た事はかけがえの無い事なんだと感じました。

テレビドラマにしても、こういう落ち着いた内容の物があまり無く、わりと過激だったり目新しさを追う傾向のものが多い中で、このような日常的な家族ドラマ、ヒューマンドラマの良さも感じました。

映画にもなっているみたいですが、味わいのある朗読も良かったです。

他にも朗読を見つけて、たまに聞いてみたいです。











posted by ハムたん | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする