リボンハムスターでは2015年より毛皮を利用した商品 (リアルファー(本物の毛皮)が使われている物、動物の剥製等)はお取扱いしていません。

2019年09月19日

パズドラを引退しました。

こんにちわ
オークション代行(ヤフオク代行)リボンハムスターです。

スマートフォンアプリ パズル&ドラゴンズ 通称「パズドラ」が今年7周年でした。

引退したりまたデータを復旧して始めたりしながらも、ランク600近くまで行きましたが、最近ついに本格的にパズドラを引退する事にしました。
(ランクは比較的上がりやすいです。)

今回はパズドラ引退について思った事を書きたいと思います。

パズドラというゲームは、とても面白いゲームでした。

スキルを使ったり、パーティを編成したり、特徴のあるキャラクターを揃えたりといろいろな工夫の楽しみもあります。

それに、画面タッチで時間内にドロップを動かす事のアクション要素のようなものがとても良いと思います。

キャラクター達の要素や、パズルの要素、タッチでのアクション性がとても良く組み合わされた名作ゲームだと思います。

ただ、やはりゲームをしていてもお金が貰えないので、パズドラにかかる時間を考えると、どうしても辞めなければならないと思いました。

パズドラをしていてリアルのお金が貰えるのならまだまだ続けていたと思います。

世の中にはパズドラをしながら、youtubeで配信して稼いだりしている人もいますが、それもなかなか大変な事だと感じます。

辞める為に、データ復旧できないようにして辞めました。(セーブデータを消す方法)

辞めてすっきりしました。

確かにゲームは楽しい点や熱中できる点、ストレス解消効果もあり、メリットもありますが、やはりソーシャルゲームはきりがない点があります。

普通のRPGゲームとかなら、ラスボスを倒してエンディングを見るという一区切りがありますが、ソーシャルゲームはそうではありません。

次々に実装される新キャラや、仕様変更などによって、コンシューマーゲームなどと違い、一区切りが無く、一区切りの為には、引退するのがゲームクリアーとまで言われているのがソーシャルゲーム 通称ソシャゲだと思います。

スマホのゲームの中では、パズドラに一番ハマりましたし、良くできたゲームやゲームシステムだと思っています。

昔はネットゲームには、リアルマネートレードというシステムが流行っていた時期があり、ゲーム内のマネーと、現実世界のお金とをトレードできる時期がありましたが、昨今では、そのようなリアルマネートレードは禁止になっており、youtube配信などをせずに、純粋にゲームをしてお金を稼ぐ事が難しくなっているので、ゲームをしてお金を稼げない以上、趣味や息抜きで遊ぶのは良いと思いますが、お金を稼いだり、将来の為に時間などを投資するのなら、ゲームに時間を使うより、他の事に時間を使う方も有意義ですし、結局ゲームもクリアーが無く、特に目的があってやっているわけでは無いと感じました。

結局、パズドラについては、満足できて辞めました。一部では満足していない点もありますが、それはソシャゲですから、ある程度の営利的な意図による欲求不満要素が伴うのも仕方ないかとは思います。

高齢者ゲーマーで知られる、加山雄三さんが、テレビゲームで衰え実感し、車の免許を返納したと最近ネットニュースで見ました。

高齢運転者による事故が後を絶たないなか、俳優で歌手の加山雄三さん(82)は16日、自動車の運転免許証を自主的に返納したことを明かした。21日から始まる秋の全国交通安全運動を前に、東京都千代田区で開かれた警視庁のイベントで、「安全のためにも返納が一番。自分の運転を過信しないで」と訴えた。

 加山さんは「運転が怖くなった」と言う。趣味のテレビゲームでも反射神経の衰えを実感するなどした。4月に返納した後は、身分証として使える運転経歴証明書をタクシーで示し、料金の割引を受けていることを紹介した。こうした割引などの取り組みは各地で進むが、公共交通機関の整備といった返納後の移動手段の確保については地方を中心に課題もある。

https://www.asahi.com/articles/ASM9J5FWTM9JUTIL00S.html

加山雄三さんといえば、ゲームのバイオハザードの超絶プレーヤーだと思っているのですが、その方でも、免許を返納するほどの何か反射神経の衰えが出てしまったのかと思ったら、驚きました。

ゲームが思考力や、反射神経などを鍛えたりするのはあると思うので、パズドラも、ボケ防止とか、タッチスクリーンをドロップを時間内に動かす点も、反射神経を鍛えられると思います。

ただやっぱりゲームと言えども、エネルギーや思考力、判断力を消費するので、他にそれらを用いたい方は、ゲームで消費するのを控えた方が現実的かもしれません。

世の中には本当に様々でいろいろなゲームが溢れていますが、ゲームができるという事はある意味幸せな事なんだろうなと思います。

ゲームがしたくても、時間の都合や、勉強などの自分への投資等があると、ゲームができないと感じます。

何も心配する事もなく、ゲームだけしていていいのなら、ゲームとか趣味とかに没頭する事って、幸福な事なんだろうなと思います。

でもやっぱりゲームでお金が稼げない以上、興味もゲームより、お金を稼ぐ事に行くので、興味がある事を追うことが、モチベーションを保つ事かもしれません。

ゲームにモチベーションが保てない状況であれば、無理にゲームをする事は無く、引退という選択も必要だったのかもしれません。

パズドラに思う事は、やはりソシャゲである点もあり、また、とても多い、妨害ギミックなどで、なかなか思うように高難易度ダンジョンクリアーできず、難しさもかなりありました。

この点が、フラストレーションにつながる点もありますが、そのフラストレーションが無ければ、ソシャゲとしては利益を出しにくいのかもしれません。

ドラクエ3で説明すると、通常であれば4人パーティなら、ゾーマの城のダンジョンをクリアーできるパーティを組めますが、

パズドラの場合、ゾーマの城のダンジョンの敵によっては、その4人パーティでは対応できずに、負けてしまうのです。

なので、パズドラには、パーティ編成も数パターンありますが、そう言った点で、自分の中の、万能で完成されたパーティ作りをどれだけ目指しても、複数パーティが必要になる点が、自分の中では、フラストレーションでした。

本当にどれだけ、自分の中で、スキの無い、穴の無い、万能で完成されたと思うパーティを作っても、その1パーティだけでは、ダンジョンによっては対応できず、あっさり負けてしまったりもあるので、そういった点で、達成感があっという間に揺らいでしまうので、1パーティに拘るタイプの人だと、そこがフラストレーションかもしれません。

実際のゴルフは、打ちっぱなししか、したことありませんが、パズドラってゴルフにも似ているような気がします。

プレイヤー自体の成長も必要ですし、ゴルフクラブの選択が、パーティの選択に似ている気がします。

うまく思ったようにクリアーできると、嬉しさもありますし。ホールインワンをした事も無いのですが、ホールインワンや、低打数でカップインができたら、嬉しいと思います。

パズドラは妨害ギミックも多数になりましたし、難しさや頭を使う点も多いので、人生いろいろなので、別にパズドラ以外の事に時間を使うのもありだと思いました。

パズドラはセーブデータも消去したので、度々復旧して続けていた事もすっぱりと今回で、完全に引退できたと思います。

自分で中では、なかなか、いろんなダンジョンに対応できる満足のいくパーティができたので、満足できて引退できた点は良かったと思います。

隙間時間とかに遊べて、ストレス解消にもなったと思うので、ありがとうございました。

これからは、そのエネルギーを現実世界で有効利用できるようにしたいと思います。

辞めても後悔は無く、すっきりと晴れ晴れした気持ちです。

今日はパズドラについて思った事を書きました。


□―□―□―□―□―□―□―□―□

当店リボンハムスターでは便利で格安な
ヤフオクの出品代行をインターネットで承っております。

1品からでも喜んで出品代行をさせていただきます☆
日本全国対応いたします。
どうぞお気軽にご利用下さいませ。

オークション代行 リボンハムスター 

ホームページ
https://www.ribohamu.com/

お問い合わせ・ご質問
https://www.ribohamu.com/enquire.html

よくあるご質問
https://www.ribohamu.com/answer.html



posted by ハムたん | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする